学科案内

当校では入門科→本科→研修科という順序で学びを進めます。

熱意のある方は入門科と本科を同時スタートすることも可能です。

入門科で学ぶこと

入門科では「内臓整体法」「丹足法」「丹手法」という3つの整体技術の基礎をひと通り学びます。6ヶ月間で一通り覚えられるプログラムを組み、整体初心者の方でもついてこれるよう丁寧に一つ一つ噛み砕いて説明していきます。数多くの形(テクニック)を教えますから、しっかりと練習してください。

 

この入門科は料理に例えると、材料を揃えるという段階です。一般的な整体学校ではここで卒業となり現場に出ることになりますが、それでは技術が深まっていないので多くの整体師が路頭に迷っています。それでは困りますね。

 

本校では入門科は文字通り入門として、この科の先つまり本科が勝負だと捉えています。できるだけ速やかに入門科で基礎を習得し、本科に進んでください。

本科で学ぶこと

入門科でも書いた通り、世間一般の整体学校は基礎テクニックを習ったら卒業となりますが、整体を修行する上で一番重要でおもしろいのは「基礎を覚えた後から」です。


施術現場では同じテクニックを使っているはずなのに、施術効果が全く違うということがよく起こります。何百万円もかけて多彩なテクニックを習った整体師より、1つのテクニックではるかに優秀な施術効果を引き出す整体師が数多く存在します。なぜそんなことになるのか。

そういう事実から目を背けるかどうかで整体師人生が決定してしまうように思います。

 

本科では指導者である三宅と生徒の皆さんの施術を見比べながら、その違いを埋めるための練習をします。同じ技術なのに確かに違う「何か」。「なぜ違うのか」「何が違うのか」「何が邪魔しているのか」「どう取り組めば良いのか」そんなことをそれぞれで考え、一緒に考えたりしながら、本物の整体に向かって一歩一歩差を詰めていきます。

 

この本科のテーマは「技術を通して哲学を学ぶ」です。いくら技術を学んでも整体師としての心がけを知らなくては、行く先の技術の向上も、経営の発展も頭打ちになります。三宅の整体技術と哲学をしっかりと吸収してください。

研修科で学ぶこと

研修科に入るには、入門科と本科をしっかりと履修した上で研修科への参加を認められることと、現役整体師としての活動を行っていることが条件となります。

 

研修科で行うことは、本科と基本的に同じです。ただ研修科生はプロの整体師として活動しているため、実際の施術や経営の問題点の克服により重点をおいた指導を受けることができます。

本当に技術が伸びるのは、実際の現場でさまざまな未知の症例に直面した時です。多くの整体師はそのような面倒やリスクから逃げるか、適当にごまかしてやり過ごそうとしてトラブルを招きます。しかし本当はそういう難題こそ自分を成長させる絶好の機会です。逃げてはダメなのですね。

 

この研修科はあえて終わりを設定していないので、学びたいだけ学んでください。(一生学び続けられるよう、学費も採算度外視で設定しています)

整体をする道中で起こってくる難題を一つ一つ乗り越える喜びを、そのおもしろさを積み重ねていきながら本物の整体師になっていくその道中を共に苦しみ楽しみたいと思います。

本校での学び方

・初めは入門科もしくは本科からスタートしてください。

・基礎テクニック講習は半年で1クールです。希望される場合は何クールでも履修できます。

・研修科に進むには、基礎テクニック講習の満了が認められることと、整体師として活動していることが条件となります。

・各科共に期限は定めませんので、好きなだけ学び続け、好きな時に終了してもらえれば結構です。

授業料(月謝)

・入学金 100,000円

 

・入門科   30,000円/月

・本科    42,000円/月

・研修科   18,000円/月